RYOKOの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 記憶

<<   作成日時 : 2008/10/05 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

人はどこまで記憶を辿れるのだろう・・・

昨日、親戚(もどき)に不幸があって

お手伝いがてらお通夜に参列してきたのです。

本当に身内だけのごくごく小さいお弔いの席。

そこでもう何年になるんだろう。

子供の頃に遊びに行って本を貰ったお姉さん(亡くなったおばさんの娘さん)が

「RYOKOちゃん、覚えてる〜」と声をかけてくれました。

もちろん、覚えてはいたけれど、名前が思い出せなくて、

母に聞いてやっと思い出したのだけれど。

「RYOKOちゃん、やせたね〜。私、お宅に預けられてたときはまだRYOKOちゃん小さくって

 ころころプクプクしてたイメージが強くって。」

って言われて「えっ?」って思ったのよ。

そのお姉さん、昔、しばらくの間、うちに預けられて

うちの母が面倒を見ていたことがあるらしい。

私の小さいときにね。




・・・・ワタクシ、まるっきり記憶がございません。

そういえば幼稚園のときの記憶もほとんどなくって

幼稚園の同級生に20年ぶりぐらいに会ったときも

「誰?」って言っちゃった位だもの。

その後、「覚えてないの?ひどーい。私は覚えてるよ。

だってRYOKOちゃん、幼稚園のときと顔変わってないもん。」って言われたのだわ。




記憶・・・とどめておきたいから

やっぱりこうやって記録して綴っておかないと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
記憶がなくても、記録があると後から見れるし便利かも知れませんね
お父さん退院できて良かったね
yurika
2008/10/06 11:53
こんにちわ^^
お父様、退院おめでとうございます!
本当に良かったですね♪

確かに・・記憶って曖昧で
どちらかというと、自分の都合の
いい方に変わっているときが
多々あります(汗)
ブログなんてとっても簡単で便利な
日記帳ですよね^^

2008/10/09 10:19
ご無沙汰しておりやす。
あっしも幼い頃の記憶が薄れてきてやす。
親父に聞いて「ああ!なるほど」といった感じでやんす。

ただあっしの場合、人の名前を覚えれないという変な特技がありやすんで、結構苦労させらていやす。

お父上の退院おめでとうさんでやんすね〜。
京極堂
2008/10/09 22:52
あっしの記憶・・・ですと・・・。

「小学校1〜2年位」から・・、記憶が残っている様な感じです・・・。

それから・・・、「楽しかった事より、辛かった事・・の方が記憶に残り易い・・・」  と思いますが・・。

皆さんはいかがでしょうか??

師匠
2008/10/10 21:14
yurikaさま
記憶は記録とともに・・。
便利な世の中ですよね。
RYOKO
2008/10/11 23:05
悠ちゃん
こんばんは。
おかげさまで、父、退院できました。
ありがとう。
ときどき、昔の記事を自分で読み返して、「へぇ、去年の今頃はこんなことしてたんだぁ」なんて思い出したりするのよ。(←つまり忘れてるってことなんだけど

RYOKO
2008/10/11 23:07
京極堂さま
お久しぶりです。
そうですね、一年生のときの記憶だったらいろいろありますよ。
私も人の顔を覚えるのは得意なんだけど、人の名前を覚えるのが苦手・・。一緒ですね。
で、適当にあだな付けちゃうのよ。

RYOKO
2008/10/11 23:28
師匠
確かに辛いことや苦しかったことの記憶ってより強く残ってますよね。
でも、最近は出来るだけ楽しいことを忘れないように記録を残してるのですよ。
RYOKO
2008/10/11 23:30
最近仕事ばかりで毎日退屈してます。そろそろ恋人欲しいです☆もう夏だし海とか行きたいな♪ k.c.0720@docomo.ne.jp
あいり
2009/07/18 03:19
お!

復活ですか!?

お久しぶりです。私も一応、今のところ生きております。

昔の記憶は、結構とろけてしまって、どちらが先とか、同時期?だったりとか時系列がごちゃごちゃになっている部分がありますね。

ふと、時をかける少女を思い出しました。
あかね
2009/07/20 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
記憶 RYOKOの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる